スタバのコールドブリューコーヒーとは?作り方やカロリー、口コミは?

スタバコールドブリュー
※画像引用:http://www.starbucks.co.jp/beverage/drip/4524785324732/

2017年5月24日(水)からスターバーックス初の水出しコーヒーが新しく発売されました。
期間限定商品ですが、そもそも「コールドブリュー(COLD BREW)コーヒー」とはいったいどんなコーヒーなのでしょうか?

その詳細を価格や販売期間などといっしょに紹介をさせていただきます。

スポンサーリンク

コールドブリューとは?通常のコーヒーとの違いは?

ひとことでいえば「水出しコーヒー」のこと。そのためメニューは「アイスコーヒー」のみ。ホットはありません
スターバックスのコールドブリューでは熱をくわえず14時間かけてじっくりとコーヒーを抽出しています。

スタバコールドブリュー

通常のコーヒーは熱で味を濃縮しているためコーヒー独特の苦味や渋みが生まれてしまいます。しかし「コールドブリュー」はそれらを抑えるとともにさまざまな特徴を生みます。コーヒーを水出しすることによって生まれる特徴は以下の通り。

・苦みや渋みが少なくなる
・豆本来の奥深い味わいが楽しめる
・口あたりがなめらかになる

その結果、バランスや風味がよいコーヒーに仕上がっているというわけです。

「コールドブリューコーヒー」ドリンク構成は?

特別にブレンドされた2種類の豆(アフリカ産とアメリカ産)を使用しています。
それぞれの豆はシトラスとチョコレートの風味が特徴になっているストレートのアイスコーヒーです。

「コールドブリューコーヒー」販売期間は?値段やサイズは?

スタバコールドブリュー
※画像引用:http://www.starbucks.co.jp/beverage/drip/4524785324732/

○販売期間○
2017年5月24日~8月31日

○サイズ○
Short、Tall、Grande、Venti

○価格○
320円 、360円 、400円 、 440円(全て税抜き)

○販売店舗○
全国のステーバックス(一部店舗除く)

○カロリー○
・Shot…7kcal
・Tall…8kcal
・Grande…11kcal
・Venti…12kcal

ちなみにスタバのレギュラーメニューのドリップアイスコーヒー(Short)は290円で9kcalです。
比較してみると、コールドブリューコーヒーのほうがサイズにより値段は40~50円高くなって、カロリーは2~5kcal低くなっているということがわかります。

「コールドブリューコーヒー」どんな味?感想や口コミは?

「ほんとになめらかで、おいしい」
「苦味がすくなくて、飲みやすい」
「意外とさっぱり!後味がいいね」
「レギュラーコーヒーより薄い感じがする」
「めちゃ爽やかなアイスだよ」

スタバ初の水出しコーヒーということもあり、カスタムをするのではなくまずはストレートで味を楽しむ方が多いのが特徴です。

またストレート苦手な方は、同時発売した「コールドブリュークリームフロートバレンシア」「コールドブリュークリームフロートへーゼルナッツ」がおすすめです。こちらならばすでにカスタマイズされたようなテイストのコールドブリューコーヒーのバリエーションになっています。

発売期間は約3ヶ月ありますので、そのあいだにスタバのレギュラーメニューのアイス
コーヒーと、コールドブリューコーヒーの味の違いを飲み比べしてもいいですね。
スタバ夏限定のアイスコーヒーでした♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする